あいさつ 沿革と現況 教育の目標 学校生活 部活動 学校行事 進路状況 募集要項 アクセスマップ お問合せ
トップページへ戻る
教育の目標
1、教育の目標2、重点目標 3、具体的実践
  ├授業の充実 進路指導 独自の職業教育 就職指導
  ├部活動の充実 生徒指導の徹底 清掃活動 昼食指導
  └奉仕活動 ホームルーム指導 不登校生徒について

3、具体的実践

「いじめ」や暴力、喫煙のない学校(現在、校内では皆無)。授業、クラブ活動、学校行事に本気で汗を流し、声を出し合う学校。自宅にいるより学校のほうが楽しいと思う学校づくりを目指します。そのため次のような指導を毎日ねばり強く行っております。


1) 授業の充実
ア、 各学期とも平常点30点(出席時数、小テストの得点、ノート提出、宿題提出、授業態度等を合計し30点に換算)とし、日常の授業への取組みを重視します。
イ、 分かる、できる、覚えることをくり返し指導し、基礎学力の充実を図る教育の推進。基礎学力(数、英、国)の補充授業(毎週月〜金曜日の放課後(1時間)、土曜日9:00〜11:00(2時間2科目)情報処理の科目も入れる。)
ウ、 女子生徒独自の体育、茶道、華道、着付け授業の充実。AV視聴覚システムによる教育を各教室で実施。

華道   着付け
華道 着付け



2) 進路指導(専門学校以上)
進学特別指導(国、英、数、社)の補充授業(毎週月〜金曜日の放課後(1時間)、土曜日9:00〜11:00(2時間2科目)情報処理の科目も入れる。)

3) 本校独自の職業教育
1年時より、普通科・情報処理科の学科に関係なく、下記のコースから1つを選択履修
(1)デザインコース(コンピュータグラフィック)
(2)情報処理コース
(3)自動車整備コース(フォークリフト、アーク溶接、エンジン等)
(4)大学進学コース
1年は週2時間、2.3年は週3時間実施

自動車整備等コース(フォークリフト運転実習) 自動車整備等コース(アーク溶接実習) 自動車整備等コース(エンジン等)



4) 就職指導

普通科の生徒に正課の授業でパソコンを指導

ア、 職業講話 5月から10月まで毎月1回外部講師を招き実施(年6回)。
イ、 インターンシップの活用(就業体験学習)。
ウ、 普通科の生徒(2.3年)に正課の授業でパソコンを指導。
エ、 各種検定取得の充実
漢字、英語、ワープロ、情報処理、簿記、保育、食物・調理、被服、デザイン、アーク溶接、レタリング、トレース、硬筆、電卓他。
オ、 2年時から進路目標の確立。

Copyright(C) KOUNAN GIJYUKU MORIOKA HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.